営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

火曜日・第1 / 3水曜日(祝日は営業) ※2018年7月より

 
電話番号

096-241-2011

 
FAX

096-241-2005

 
住所

〒861-5253

熊本県熊本市南区八分字町32-1

リクルート

スタッフブログ

   
2017/11/09  ショールームダイアリー  マネージャー 米村 純一
ciao‼ 続イタリアトリップ2日目
米村 純一 / ヨネムラ ジュンイチ
[マネージャー]
 
ciao!!
2日目のスケジュール

午前中はABARTHオフィスへ向かいました。

ABARTHオフィスは
普通の工場とは少し異なり
車両のチューニングを主な
事業としており
その中にモータースポーツ部門も
ありました。

ご存じのようにカルロ・アバルト氏が
創設した事業で
その歴史は古く今日に至るまで
輝かしいタイトルを獲得してきました。

オフィス正面にはその一部のトロフィーがあり、
タイトル獲得は100を越えてるとのことでした。
そしてフロントには
「ABARTH695C」の限定車が鎮座してました。

この695Cはクルーザーメーカーとのコラボモデルと言うこともあり
ブルーを基調としたとても素敵なカラーリングでしたよ。
フロントの感じは上の画像をご覧ください。
オフィスのフロントには日本でも人気の
ABARTH124スパイダーの
ご先祖さまが堂々としたオーラを発しながら
鎮座されてました。
そして現代によみがえった
「ABARTH124ラリー」

こちらも300psのエンジンにチューニングされ
現在ラリーに参戦中‼
プントアバルトラリー
F4用エンジン
ABARTH-F4

この車両、F1に到達する
最初のカテカゴリーに属するもので
ABARTHは若いドライバーの育成にも力を入れてました。
因みにドライバーは16歳以下だそうです。
驚きですね
ここからABARTHの画像を
てんこ盛りで・・・

と言いたいところですが
アテンドさんから待ったがかかりました(汗)

この先はとても重要なセクションに入ると
歩く場所も決まってるし撮影はもっての他
だそうでした。
情報の流出は企業の生命線ですから
納得です。

ABARTHオフィスの研修は以上です。
パッションあふれる貴重な体験ができました。

午後はモータービレッジとイタリアデザインの
カロッツェリアピニンファリーナに行きました。
ご報告はまた後程。
 
   
2017/11/09  ショールームダイアリー  マネージャー 米村 純一
イタリアトリップ 2日目
米村 純一 / ヨネムラ ジュンイチ
[マネージャー]
 
ciao‼  皆様いかがお過ごしでしょうか?
私米村のイタリア研修報告第2段!!

初日はほぼ移動だけで終わってしまったのですが
宿泊したのはトリノの「ホテルNH・リンゴット・コングレス」でした。
このホテルでも貴重な体験ができました。
画像は建物の一部ですが・・・
このホテル今は商業施設等が併設する複合施設ですが
建物の上の方にかすかに「FIAT」の文字がご覧いただけますでしょうか?
この施設以前はFIATの工場として機能していた場所なのです‼
現在でも一部オフィスが残ってるのですが
以前の名残が色濃く残ってる場所を
見学してきました。
それは屋上です。
画像をご覧になってピンとお気づきになられた方も
いらっしゃると思うのですが

屋上は当時のテストコースになっているのでした‼

車両の組み立ての行程は階上へ行くほど
出来上がっていく組み立てラインだったようです。

出来上がった車両はここを走行して
出荷してたようでした。
あいにく雨が降っていてバンクは見ただけでしたが
感動しました。

イタリアの方々のイマジネーションは面白いですね。
驚きの連続でした。
因みに現在のオフィスはホテルから少し離れたところに
有り とても素晴らしいビルで工場も併設してありました。
メインロードを挟んで左右に広大な工場があり
ここから世界中に車両が輸出されてると考えると
なんとも言えない高揚感に包まれました。

走ってる車も当然FIATばかりと行っても過言ではなかったです。

このあとABARTH工場へ向かいました。
 
2017年11月(16件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ページ上部に戻る