スタッフブログ

フィアット、アバルトのオフィシャルディーラーサイトがリニューアルしました。
スタッフブログは新ブログで更新いたしますので、この機会にぜひご覧ください!
※旧ブログには最新の記事は更新されません。下記のバナーより新ブログをご確認ください。
   
2017/08/21  サービス  ワークス 黒田 雄大
ブレーキ鳴き
黒田 雄大 / クロダ ユウダイ
[ワークス]
 

こんにちは!

フィアット熊本黒田です。

 

皆様!!

お車にお乗りの際に嫌な音でお悩みな事はありませんか?

 

私自身、車の異音は非常に嫌いで、友人や、家族の車に乗る時など色々と気になりだし、ついつい、原因を探ってしまいます。

 

 

その中でも特に分りやすいのがブレーキパットの鳴きですね。

 

これがとても厄介で、毎回鳴るわけでもなく、しばらくならないと思っていたら鳴りだしたりと、キィーキィーと厄介ですよね!

 

 

こうした異音が発生するということは、ブレーキの構造等における、ブレーキパットとディスクローター、もしくはブレーキライニングとドラムの接触などに何らかのトラブルが発生している可能性が高いです。

 ブレーキパットは上の写真のように交換前(右)と新品(左)で全然違います。

 

交換前のブレーキパットのように残量が少なくなってきて、年数も経ってきますと

ブレーキパットが摩耗、劣化等の原因でブレーキ鳴きが発生しやすくなります。

 

このような時はキィーという音よりもゴォーという音が目立つようになります。

 

 ゴォーという音が鳴り出すとブレーキパットもかなり摩耗、劣化が進んでいるし可能性がとても高いです。

 

ブレーキ鳴きの嫌な音は、放ったままにせずに早めに対処する事をお勧めします。

 ぜひ一度、ホイールの隙間からブレーキパットを覗いてみてください!!

 

お客様のご安全の為にも日頃の点検お勧めします!!

 

 

 

 

 

 
2017年08月(19件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る